引っ越し 料金 目安

引っ越し料金の目安を知る方法

引っ越し 料金 目安

引っ越し 費用 目安

引っ越し 料金 相場

引っ越し 料金 平均

引っ越し 料金 目安

 

引っ越し料金ってどのくらいかかるのでしょう?
部屋の中を見渡してください。目安になるのは、荷物の量です。

 

引っ越し 料金 見積もり

 

荷物は多いですか?少ないですか?
荷物の量によってトラックの大きさ、必要なガソリン代、スタッフ数が決まります。

 

一人暮らしの引越しには4〜6万円が相場ですが、荷物が多いと5千円程度値段があがりますし、家族での引っ越しなら荷物の量も多いでしょうから、7〜10万円くらいが相場です。

 

 

 

引っ越し料金は時期によっても違って、特に3月は繁忙期と呼ばれ通常より2万円ほど引っ越し料金が高くなります。

 

このように引っ越しは、荷物の量、引っ越し時期、物件の状況など様々な要因によって決まります。

 

インターネットであなたの引っ越しに役立つ具体的な料金を探すのは、不可能なのです。

 

新居が決まったらできるだけ早く、引っ越し業者一括見積もりサイトで見積もりを取りましょう!

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

同じ条件で複数の引っ越し業者から具体的な金額を提示してもらえます。

 

あなたの引っ越しの相場も1番安い業者も簡単に見つけられますので、ぜひ活用してください。
引っ越し日が近づくにつれて空いている業者が減っていきます。
もし引っ越し料金を安くしたいなら、早めに依頼してくださいね。

 

 

他にもいろいろな一括見積もりサイトがあります。

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し価格ガイド
引越し

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

ズバット引越し
引越し

・安い引越業者を探す方法は必見


 

 

引っ越しの搬入作業。荷物を丁寧に扱ってくれるので安心して任せることができますね。作業の品質を保ちながら、相場よりも料金が安くなると助かりますね。一括見積もりをするとそれが可能になるのでおすすめなんです。

 

訪問見積もりの情報を追加しました。業者さんに訪問してもらってから、引越料金を確定する従来の方法ですが費用が違っていたとかあとから追加でくださいということもないので、時間が十分にある人にはいいサービスです。

 

 

 

 

 

 

 

引っ越し業者に見積もりを依頼する

 

引っ越し業者に見積もりを依頼すると、見積もり書が届きます。
見積もり書と契約書は違います。

引っ越し 料金 見積もり

 

契約書を交わすといろいろな効力が出来ますから、簡単にサインせずに内容をしっかりご確認ください。

 

見積もり書は、あなたの見積もり依頼で引っ越し業者がおおよその値段を出したものです。
不確かな項目があったまま見積もりを取ると、実際よりも金額が高くなることがあります。

 

1・現物件の情報:何階・エレベーターの有無・近くに駐車できるか
2・新居の情報:何階・エレベーターの有無・近くに駐車できるか
3・引っ越しの日にち:土日祝日は平日の引っ越しよりも高い
4・荷物の量:ダンボール何個分で収まるのか
5・運びたい家財:大きな家具がおおいほどスタッフが必要
6・オプションの有無:ピアノ引っ越し、ペット引っ越し、エアコンの移設などは別料金

 

これらの情報が多ければ多いほど、正確せあれば性格であるほどトラブルは少ないです。

 

引っ越し料金が安くなるから!とかなり荷物を少なく見積もると、当日トラックに積みきることができず追加料金が発生することもあります。
契約書に記載していないものが引っ越し当日に出ると追加料金がかかります。

 

引っ越しの情報はできるだけ正確に!

 

もし申請したダンボールの数に収まりきれない場合は、ちゃんと引っ越し業者に連絡しましょう!

 

 

 

 

 

訪問見積もりは、引越し業者に家に来てもらって

訪問見積もりは、引越し業者に家に来てもらって実際の荷物を見ながら引越し料金の見積もりをしてもらう方法で、以前はこの方法が主流でした。

 

実際に荷物の量を確認しながらの見積もりなので、追加料金が発生するリスクは低くなります。
相手はプロなので、どのくらいのダンボールが必要かもわかるそうです。

訪問見積もり

しかし、実際に家に来てもらうので訪問日を決めて自宅で待っていないといけません。それに料金を安くするためには複数の業者に来てもらう必要があるので、その日1日がつぶれてしまうこともあります。

 

毎日仕事で忙しく帰宅時間が遅い人が引越し業者に連絡をして訪問日を約束して、見積もりを取るという手順は結構大変です。
しかも、いざ来てもらったけど最初に来た引越し業者の営業トークに負けて、他の会社の営業さんに断りの連絡を入れたなんていうこともあります。
ダンボールを置いていかれたので断れなくなったなんていう話もあります。

 

自分でしっかり「他の引越し業者からも見積もりを頂きたい」と面と向かって言える人なら訪問見積もりはいい方法です。

 

しかし、推しに弱い・NOと言えない方には24時間好きな時間に申し込める引越し業者一括見積もりがオススメです。
一括見積もりは1度情報を入力するだけで、最大10社から見積もりを取ることができます。比較しないで業者を決めるにはやっぱり勿体ないです。

 

一括見積もりで注意すべき点は、荷物を少なく見積もらないことです。
費用がやすくなるかも!と思って、過少申告すると当日トラックに積み切れない、追加料金が発生したなどのトラブルになる可能性がりますのでご注意くださいね。

 

 

 

 

 

 

引越しの際、4階以下のマンションでは

引越しの際、4階以下のマンションではエレベーターがないことがあります。

エレベーターはありますか

 

同じ4階に運ぶときでも、エレベーターがあるのとすべて階段とでは、引越し業者の労力が全く異なります。
エレベーターがない4階からエレベーターのない4階への引越しの場合、当然引越し時間もかかりますので早く終わらせるためにはそれなりのスタッフの数が必要となるわけです。
作業の時間が伸びる場合も、スタッフの数が必要な場合も引越し料金が高くなる要因になります。

料金が変わる

その理屈からすると、引越しの際に家財が大きすぎてベランダから吊り上げて入れなければならない場合もスタッフの数が多く必要となるので引っ越し料金が高くなります。
ベランダからの吊り上げは人力とクレーンとがあります。2階くらいなら、人力ではしごを利用して引っ張りあげます。それより高い建物や人が上げられない重い家財はクレーンであげます。

 

クレーン車が必要な場合は、見積もりの際に料金を見積もってもらわなければなりません。そもそも、ベランダにクレーン車を横付けできるかどうかも確認が必要です。
物件によっては、道が狭くてトラックを物件の前に停めるスペースがないことがありますね。そのような場合も、手作業で荷物をトラックから荷車に載せ替えながら運ぶため、多くのスタッフが必要となります。

 

このように、マンションやアパートの立地によって引越し費用が変わることがあるのです。

 

 

 

 

 

引越し料金は時期によって大きく変わります。

 

引越し 繁忙期

 

引越しには繁忙期というものがあり、3月前後がそれに当たります。

 

高校入試や大学入試が1〜2月にあって2〜3月に合格発表、そこから引越しを行う学生がたくさんいるからです。
全国の高校・大学生が入学式までに引越ししたいと押し寄せますので、その時期の引越し業者は本当に大忙しなのです。

 

他にも就職した新入社員や人事異動で転勤になった会社員が4月1日から初仕事を迎えたりもします。
これらの人たちも3月中に引越ししたいとなりますから、この時期の引越しは大忙しなのです。

 

もしこの時期の引越しであれば、早めに見積もりを取ることをオススメします。
繁忙期を避ければ比較的引越し業者は空いていますが、月末の土日祝日は予約が多めです。

 

みなさん仕事を休まずに引越ししたいと思われるので、土日祝日とくに3連休なんかは予約が埋まりやすいので引越し業者を決めるのはお早めに。

 

月末に引越しが多くなるのは、家賃を2カ所分払わなくてもいいように計算される方が多いからです。引越し料金は時期によって変わるのをお忘れなく。

 

 

引越しにかかる初期費用

 

引越し初期費用

 

引っ越しはお金がかかりますが、その中でも新居の契約料と引っ越し費用が高額です。
契約料にはどんなものがあるのか確認してみましょう。

 

賃貸物件を契約する際にかかる費用には、以下のようなものがあります。

 

敷金・礼金・家賃2〜3か月分・仲介手数料・火災保険・連帯保証会社利用費用・カギの交換費用など

 

・敷金は物件を退去する際に傷んだ壁紙などを修繕する費用で、入居の前に徴収されます。
ですから元々ある部屋のキズなどは家具を入れる前に写真に収めておきましょう。
修繕に使わなかった費用は返金されることが多いので、部屋は綺麗に使いましょう。

 

・礼金は大家さんに支払われる費用で、昔からの慣習なのですが、最近は礼金ゼロという物件も増えています。

 

・家賃2〜3か月分は家賃を先払いしてもらうことで、社会問題となっている滞納のリスクが少ないと判断されるのではないかと思います。

 

・仲介手数料は不動産会社に支払う費用です。法的に〇〇円という決まりはありませんので、会社によって金額が異なります。
最近では仲介手数料無料の会社もあります。

 

・火災保険は集合住宅であれば必ず加入しなければなりません。
なぜなら日本は昔から火事が多いため、もらい火をした場合でも火元の住民に賠償を求めることができないからです。
例えもらい火で、家財が全焼しも自己責任となりますので、自分のために火災保険に加入しましょう。

 

・連帯保証会社利用費用は身元保証の会社に支払う費用です。
以前は家賃滞納のリスクに備えて、契約書に親や兄弟の名前を連帯保証人として記載するのが一般的でした。
しかし最近は一人親、一人っ子など家庭の事情で連帯保証人を立てられない人も増えたため、身元保証会社にお金を払って利用することが増えました。

 

・カギの交換費用は1・5〜2万円ほど費用がかかります。
カギは家族分をスペアキーとして作る人が多いため、一体いくつ作られたのか大家さんにも管理会社にもわかりません。
家の場所を知っている他人がカギを持っているのは怖いですから、防犯のことを考えても入居時に鍵は交換しましょう。